声オタおにじくんの声学審問H!

声オタおにじくんの声学審問H!

過激派で有名な(?)おにじさんが、声優の事を語ったり。

声オタおにじくんの声学審問H!


おすすめ記事

だってそれがツキカゲだから。RELEASE THE SPYCE 12話感想。

※この記事は、関西勢の筆者が最終回を土曜深夜に見た勢いのまま、徹夜に近い感じで書いた感想です。

一部のシーンを記憶忘れや、見当違いなことを言っていても許してください。

今回は特に文章が酷いと思います。言葉がないんです。でも、書かないと伝えられないし、書きます。

 

え~、リリスパ。終わりましたね…

ぼろ泣きしました。なんなんですか本当に。

今3:18です。

 

言いたい事を言おう。

 

だから言っただろ!!!!このアニメは12話を一つの作品なんだよ!!!!!

黙って12話全部最後の最後まで見ろ!!!!!!!!

 

 

では、流れに沿っていきましょうか…

 

「今回散布する薬は〜?」

前回のゾンビランドサガみたいに言うな。

 

「最後まで吸い続けると完全な無に至ります!こうなったら確実に一生操り人形です!」

なんだそれつっよゲッカコウ。SuperGつっよ。永久ておま…

 

あっOPねえ(察し)

 

「選ばれしもので人類を導いていこう」

あっ、まぁ何回かHP記載もありましたし分かってますけどやっぱそう言う事ですね。

ただ、モウリョウ協力者のノリが良いのが前回からちょっと面白いんですけど。

 

結局どこから出てるんですかそれ。どこから散布されてるんですか…?

 

「花火が終わる頃にはこの町の魂は散っている…」

完全に実行されてますね。どうすんすかこれ。

 

タイトルロゴがドーン!…いやBGMいやいやおま不穏不穏!!

 

「動いてる…!」

「制御室を目指して。私は解析を続ける」

雪さん頼みましたで。

「装置の根元近くは薬がこないみたい」

「自分達は助かろうって魂胆ね」

まぁシェルターとそれでモウリョウ側は行けると。

シェルター不備の可能性も一応考えてるんやな。

そのへんちゃんと抜け目ないんか。

 

薬が効き始めたね…てか、こっわこれ…

 

ツキカゲ、装置下に到着。

バイク乗り捨てていくモモ。

 

「クラっとするよ!ここは任せて!」

五恵ちゃんセリフ派生があるなんて聞いてません。聞き間違いじゃないよね?

一番危険そうな場所をかってでる五恵ちゃんはさすがやなって。

「いつもありがとう五恵ちゃん」

「頼れる横綱だわ」

さすが横綱だわ…

戦う時の五恵の声のトーンって良いですよね。のっぐさん!!!!!!!ありがとうございます!!!

 

人形多いっす。

楓は制御室へ。

 

「たった3人で挑もうとは…」

いねえから仕方ねえじゃん!

 

だから人形多いって言ってんだよどんだけおんねん!

 

「程なく順々な人間が出来上がりますよ〜!正にサイエンスイズパワー!皆さんの新たな世界に改めて、乾杯!」

命のテンションが高い。

だから、モウリョウ協力者のテンションが無駄に高いのでちょっと笑うからやm(ry

 

これはやべえ。あと30分もない…雪さんなんもできないの辛いだろうなぁ…

もう託すしかないんだもんな。

 

 

モモもたくましくなったもんで。

きっと君はもう序二段なんかじゃないよ、モモ。

 

 

「洗脳が完了するぞ〜?無力だな」

おちょくり天童。

「お前みたいな奴に負けてたまるか!!」

あのさ、安齋さん。安齋さん。すっごいいいの。安齋さん。やべえよホント。

1話からずっと言ってるんですけど、安斎さんの力のこもった所のモモの演技が本当にツボです。

ここ、過去の中でもかなり入ってる方なんですけど、震えてしまいました…

「無駄な努力と言うものだ」

精神攻撃は基本。

 

 

「無駄じゃない!もっともっと滾る!!!」

モモさんが強くたくましくなって本当に嬉しいです。

何もしていなかったモモが、ここまでになった。4ヶ月しか時系列は経ってないけど、その重みを感じることが出来たと思います。

 

???????

あれ、なんか止まりましたけど…

 

 

 

「モモ!よく吠えた!!」

「さぁ、鬱憤を晴らすわよ!!」

ああああああああやっぱ生きとったかお前らボケえええええ!!!!!

白虎ちゃんとカトーさんでした…よかった…

カトーさんまだ現役で行けますよスパイス関係なかったら(冷静)

ほんとしぶといわね。楓の言う通りだわ。

 

「死すら偽装してこそSPY♪」

スパイ一家のカトーさんに言わせるの最the高。

ゴルジェネ読んで!!

[amazon_link asins='4049122286' template='ProductCarousel' store='oniji-22' marketplace='JP' link_id='6d4b5487-0659-11e9-886e-d9a4f2cf5653']

 

「天堂さん大変!大変なんだよ!」

「乾杯したらみんな倒れちゃって…」

バニ命さんが通信してる。

 

 

「貴様の仕業だろうが」

「あれ?もう気づいちゃってた?」

 

はい、命さんやっぱ二重スパイでしたああああああああああああ

すいませんでした先週でもそれなりにマジだと思ってましたあああああ!!!!

信じてあげれなくてすいませんでした(月結び感)

 

「毒を飲ませたことを忘れたか?」

 

「メイちゃんには解毒剤を飲ませましたよ?」

ああああああ初芽さああああああん!!!!!!!生きてますわ!!!!!こりゃ勝てる!!!!

はい8話〜〜!!!!!!!!

 

ま〜〜〜〜た8話でテレジアにやってるからこそのこれ〜〜!!!!!!

もうなんなんあの回~~~~単独で見たらなんだこれ感強いのにホントやめて~~~~??????

 

「ごえちゃん、ただいま。おまたせです」

「えっ、し、師匠…?」

「はい、ごえちゃん」

「生きてるって…信じてました!!!」

あぁ…よかったなぁ五恵ちゃん…ここの目の表現やばくないですか?

やっぱりリリスパって『目』大事ですよね。

なもりさんキャラデザって事で、目がやっぱりいちばん目に付くんですけど、それを

スパイスの使用の時含め、いろんな感情を表すのに、目が本当にこの作品重要だなって…

てかやっぱ強い。

 

 

てかOPのインストやんけこれ!!!!!

これホント好き!!!みんなもインストで聴いて!!!この曲

インストでもバカ楽しいの!!!!!!

 

「モウリョウをタラし込んじゃった〜」

「師匠!Wスパイだったんですね?ビルで戦った時、そうじゃないかと思ってました〜!」

はい11話の「でも…」回収〜!!!!!!!!

あれは『師匠が二重スパイかも』という考えだったか…

確かにランクも違うはずの二人が結構対等で、あれほど爆弾をやる意味もない。

命から、師匠から、何かを感じ取れていたんですね…楓は…

「タラし込んだってなんですか〜〜!!!」

楓が可愛すぎるんですけど。かわいい…

 

「説明しよう!」

命ちゃんの説明だぜ。

「メイとカトーさんは、2年前モウリョウの基地を見て規模のデカさに愕然とした。そこで話し合ったんだ」

はい、皆んな、ゴルジェネはマジで必修だこうなりゃ。12/29に出るから買うように。まぁ、読まなくても筋は通ってるけどね。でも読んで。

[amazon_link asins='4049122286' template='ProductCarousel' store='oniji-22' marketplace='JP' link_id='6390a366-0659-11e9-836a-2997f6531dc1']

 

「モウリョウを陥れるならWスパイが有効だと思うの」

二重スパイの差し金はカトーさんかぁ…

これで8話のカトーさんの

「私達はこっちでやるべきことをやっておきましょう?」

に繋がるわけですか。この二人の思考だったわけだ…

 

スパイ一家に生まれたカトーさんなら、こういう考えをしてもおかしくないなぁ…

「ナイスアイディア!」

 

「敵を協力者諸共集めて、一気に捕獲する」

カトーさん、協力者として有能すぎる。

ごめんなんもしてないやんとかちょっと思ってて。

 

「すっごい刺激的ィ!メイがやるよ」

命はそんな感じよねわかるわかる。

 

「チームを危ない目に遭わせると思う」

「大丈夫だよ、ツキカゲなら」

「そういう弾けている命ちゃんだからこそ、敵も騙されると思う。でも、一番危ないのは…」

「メイしかいないっしょ〜初さんは柄じゃないし、ユッキーは今、色々大変だろうし…ね?」

長穂さん…

「じゃあこれ、メイ達だけの秘密だね?」

「ええ、敵を欺くには、まず味方から」

スパイって感じするやんか、ちゃんとスパイしてますやん。スパイ&スパイスですやんリリスパさん!!!

スパッパッパラッパーwwww

 

いや、爆弾仕掛けてますで逃げさせるなら白虎ちゃんにもうちょっと早く教えてやれ。喉が死ぬぞw

 

ダミーで死体としてすり替える作戦か、そんな上手いこと行くんかっていうのとそのダミーの製造元はどこや!!!おれは雪さんのが…いやなんでもないです

 

「初さんにはギリギリの所で意思を伝えて芝居に協力してもらったの」

「海中に待機してたカトーさんがダミーとチェンジ」

さすがメイちゃん鑑定士一級~~~!!!!!!!

カトーさん割と何やっても納得できちゃうんですよね。ゴルジェネのせいなのかな。

「でも、ユッキーは誤算だったよ〜、モモち人質に取られて斬られちゃったから〜…生きててホッとしたよ〜」

「いや〜全部が狙い通りには行かないね〜」

ホント八千代命っていっつもこんな感じなんですよね。

仲間のためのとはいえ、本当に自分を大切にしないと言うか、無茶できてしまう子なんですよね…

こんな感じにした信さんを見るためにゴルジェネを読んでくれ。(3回目)

[amazon_link asins='4049122286' template='ProductCarousel' store='oniji-22' marketplace='JP' link_id='1e2e1326-065a-11e9-a831-c12fad4adad4']

でもやっぱお前が分からない。お前のメンタルと思考がそんなに分からないぞ俺はw

「警察のタイミングが都合良すぎると思った」

はい11話の「あの警察は…」回収。

天堂さんの「思ったより早かったな」って言うのもそういうことだったんだなって。

 

「おっす、やっぱあそこで気づいた?」

「薄々ね。後で覚えていなさいよ?」

怖いっす雪さん。でも、冷や汗物ってレベルでもないよね…

 

やっぱりネジやってたんかい!!

俺初見で見逃してて書いてないねん!!!!

タカヒロに負けたんですけど!!!!

 

「みんな…無事だった!!」

とりあえず全員生存確認です。

 

うおおおおマジですかああああああ??????

タカヒロにも人の心があったんや!!!!!!!

 

「パニクってる面白い顔見せて?天堂さん」

あ〜〜洲崎綾なんだよなぁああああああ(敬称を付けろ)

ホント八千代命さんが洲崎綾さんで良かった…

命の命らしさが、本当に洲崎さんがよく表現されてて…

 

 

「詰めが甘いぞ、命」

 

あ、さすがにこれでは終わりませんか天堂さん。

まぁ、こんなので終わられてたまるか天堂さん。

 

命さん、顔が面白いです。こっちはまたピンチなんですよ。ちょっと笑うからやめて。

 

予備電源は大事。

 

蓄積から洗脳可能とかだから有能すぎるてゲッカコウ。

 

 

装置の解析の結果真上の穴から爆発物で効率的に…

 

モノミに投げさせるのか、

終始動物ズが有能すぎてお前らのおかげで6人でツキカゲでいいようなもんじゃねえか。好き。

 

この辺の作画やばくない?

Lay-duceくん!!!!!!!やっぱり11話は溜めでしたな!!!!

先行上映会情報では先行上映会の朝までやってたって聞きましたよ!!!!

ありがとうLay-duceくん!!!!

お前ゆるゆりもやるし他のアニメもやるんだってな!!!

頑張ってね、というかありがとう。ほんとここの楓の作画とか、五恵の作画とかちょっとやばすぎて声が出なかった。

新興アニメーション制作会社でクラクラくらいしかないとか思っててすまんかった。

 

 

さあ、今近くて行けるのは。

 

「百地。行きます!!!」

 

やっぱお前だよ、主人公。

 

 

花火もフィナーレが近い。

 

モモと天堂の対峙が始まる。

 

『モモ、剣の技量では及ばない相手よ』

長穂でさえ対等だったからな。

「それでもやってみせます」

 

『奴は服の中に暗器を隠し持っている』

太ももについてるベルトの肉の作画が良いですよここ。

「気をつけます!」

 

『"あの時"右ひじを切ってやった』(セリフ曖昧)

やっぱあんたは注射か。ゴルジェネ読めよお前ら。(4回目)注射はゴルジェネ。

「参考にします!!」

 

『持てる力の全てで、戦いなさい!』

「滾って行きます!!!!」

ここの安齋さん本当にヤバいです。

あなたが主役で本当に良かった。

 

赤目天堂かっこいいな。

 

 

「先手必勝!」

雪、長穂からの系譜。

 

モモ父死亡の真相は聞かせてください天堂さん。

精神攻撃は基本。

でも、モモはもう動じたりなんかしない。

 

ここも『目』なんですよ。

一つも揺れたりしないでしょ。やっぱりリリスパは目なんですよ。

 

カマリおったんか、相変わらずの有能さだ。

 

モモの動きが洗練されてる。お前もう序二段じゃないやろ。

 

初芽さんの透明クリームだ…

「これ以上みんなに酷いことはさせない!」

 

「素敵なことだ、我らモウリョウが適切に運用してやる」

 

この辺の作画は本当にヤバい。

9話の長穂の戦いが最高だと思ってたけど、最終回Lay-duceがスパイスキメてきた。

 

残り30秒。

前回は間に合わなかった30秒だ。

 

「消してやろう、以前のツキカゲのように!」

長穂さん…

 

モモ、その傷を…

長穂さん…!!!アンタの死は無駄じゃなかったかもしれんぞ!!!

弟子の弟子にも受け継がれてるぞ!!!ながもん!!!!!

 

「魂は誰にも消せない!!!」

 

その視点は!!!!!!

 

1話の雪じゃんか!!!!!

なああ!!!!!!!!

すぐそういう事するなリリスパ!!!!!

最高か???????

 

残り7秒。モノミが爆弾を投下。

 

「いっっけえええええ!!!!」

 

モモがリップクリーム爆弾を投げた…!!

 

 

起爆。残り2秒。

 

うげすげえ爆発。(小学生並みの感想)

 

花火も最後の一発だ。

 

 

0.7秒で止まった。

止まったぞおらああああああ勝ちじゃぼけえええええええ!!!!!!!!!!

 

 

この短尺でなんでこんなに納得させやがるんですか?

 

「よくやったわ、モモ!」

雪さんホント嬉しそう。

 

「私が小娘一人に…」

天堂さん…

 

 

「一人じゃ…ない!」

みんなでツキカゲ。そして受け継がれるのが、ツキカゲだ。

 

 

 

天堂さんが死んだとは僕は思いません。きっと、また暗躍すると思います。

なんか11話の命との絡みでちょっと好感持ててしまったから。また、どこかで会いましょうや。

 

 

ギリギリだったけど、守れて良かったね。ソラサキを。

 

 

A 終わり。バック白で声が出たのはナイショ。現在4:38。

 

形容する言葉がないB。

 

テレちゃん生きてるやんけ!!!!!

退院祝いか…よかったなぁテレちゃん。

 

白虎かわ。

 

「ありがとう…初芽」

僕、前回も言いましたけど、テレジアが弱いとは思いません。

初芽には思いがあったはずだし、五恵は横綱なので。

テレちゃんにはこれから、今までの灰色のような人生を、初芽や五恵に彩ってもらえたらなって思います。

 

まだまだ友達か…初芽らしいなぁ…

 

 

その一人の楓のギターはなんか、色々考えた事もあって来るからやめてほしいかな。

命。楓を、信様を裏切ってなくて本当に良かったよ。

楓も信じてた。信じてたもんな。

僕は途中で本当に裏切ってるって思っちゃった。楓、信じてくれてありがとう。

「良かった…本当に…もしかして本当に戻ってこないかもなんて思ったり…」

「そんな事ないよ。言ったよね?メイはメイにとって一番居心地がいい場所にいるだけって」

ああああ…10話のアレは裏切りのフラグでもあり、

二重スパイのフラグだったか…命…

一瞬でもガチ裏切り者だと思ってすまんかった。だって、裏切ってても変じゃないもん命()

「も〜師匠ってばぁ…」

楓がかわいいです!!!!かわいいい!!!!!!!!

 

「楓の手料理が食べたいなぁ」

ほんとよかったな…

 

文鳥持って帰ってきたんだ。鳥に罪はない…か。

なんとなくここに信さんを感じた気がしました。みんなゴルジェネ読んでね。

 

天命、やっぱちょっとあるんか???

「どうだろ?」

「あっ!あーーーーーー!!!!!!」

ここ最高。楓命は永遠。

 

 

 

いつもの公園、モモ雪。

 

「私はツキカゲを卒業しようと思うの」

雪さんもその時が来たか…

 

「えっ」

「スパイスの効きが悪くなって来たのよ。頃合いね」

「それじゃあ師匠は、私達のサポートに回るんですか?」

 

「前に話したことを覚えてる?」

 

『卒業後は協力者としてツキカゲをサポートするか、ツキカゲの記憶をさっぱり消して、日常に戻るか選ぶ』

2話ですね。ごめんなさい、僕直前でBDで2話見てたので、声出ちゃいました。

おいやめろって、この時点で思ってしまった。

 

 

「私は、記憶を消す方を選ぼうと思うの」

「え」

 

 

…はい???????

 

 

「記憶消去弾。ツキカゲにいた頃の記憶が消えるよう、セットされているわ」

「私からの最後のミッションよ」

 

「それで私を撃ちなさい」

 

 

いやいやいやいやいや、なんでさ、なんでさ雪。

 

 

「え…その…え???」

「初芽達にはお別れを済ませて来たから、まっ、学校では普通に会うんだけどね」

「こっ、これ撃ったら師匠は忘れちゃうんですよね?ツキカゲの、事。私の、事…」

「そうよ」

「師匠、私まだ師匠に教えてもらいたい事が沢山…!」

「モモはもう一人前。立派なツキカゲよ。胸を張って師匠になりなさい」

アンタ弟子の顔が見たいって10話で言ったじゃんか…

 

梅子おばあさん元ツキカゲなのか…だから割と正義心強いの

そこ???

は??????そんなとこまで伏線なの???

 

「さぁ、モモ…」

 

「嫌です!師匠!私、そんな…嫌です!!」

「本当に甘えん坊ね」

「だって…そんな…いきなり、いきなりすぎますよ!師匠!!」

 

こっちが言いたいぞ…

 

「そういう所なのよ?モモ」

 

「あなたの弱点は、一人でもう歩めるのに、私に甘えてしまう事。私も人のことは言えないけどね」

「モモに対して、ピッタリと過保護すぎたわ」

そりゃ長穂さんの事があったから、そうじゃんか雪。

 

「私たちは弟子離れ…師匠離れしなくちゃいけない所に来たの」

 

ただ…これは僕も考えた事があります。

源モモが本当に強くなる為に必要なのは

半蔵門雪…師匠との決別』

だと思うんです。そうじゃないと、モモは本当に本当には強くなれないんじゃないかって、考えた事があります。

…まさか、やるとは思わなかったですけど。

 

「でも師匠が忘れちゃうなんて」

 

胸を指す雪。

「私の師匠と私の魂もそこに受け継いだ…あなたと共にあるわ」

 

「あなたはこう言ったわね。自慢の師匠だと」

10話…

「言葉を返すわ。モモこそ、私の自慢の弟子よ」

ここ一帯の沼倉さんの演技に関して形容する言葉が見つかりません。最高です。

 

「私…何もできなくて、何も分からなくて、でも師匠が私を導いてくれたから…」

「あなたがしっかり付いてきたのよ。そして師匠を超えた…こんな孝行な事はないわ」

 

「モモ、ありがとう」

 

そんなん泣くわ。モモ。

いやこっちかて泣くわ。

 

雪も、泣いてた。きっと、雪も悲しくて仕方ないはず。アレだけ見守って来たんだから。

でも、弟子のために。弟子のために記憶を消すんですよ…なんて師匠なんですかね。

 

長穂さん…長穂さん。

あなたの弟子は、自慢の弟子を持てましたよ。

 

雪の口元が笑ってるのが…ああ…

 

 

朝まで泣いて。モモは泣いて。夜が明けようとしている。

 

 

覚悟を。決めたか。

立ち上がるモモ。

 

『記憶消去』の文字。

それをジッと見つめるモモ。何を思う。何を考えてる?

 

「後はあなたに託すわ。モモ」

雪…

 

 

「はい。任せてください。師匠」

モモの涙は止まらない。

 

そんな顔しないで、雪。

 

歩き出すモモ。一歩一歩、歩き出すモモ。

 

 

師匠に。雪に向かい合う。

向かい合う。

 

「今まで、ありがとうございました…!」

一礼する、モモ。

 

雪、そんな顔本当にやめて。

 

 

モモが構える。

溢れる涙は止まらなくとも、構える。

 

そして。

 

パシュ。

 

 

ああああああああああああなんでだよもうああああああああああああああああああああああああああ

もうここでボロ泣きですわ。

でも、そうだよなぁ…そうじゃないと、モモは真の強さになれない気がする。分かるよ。分かるけどなんでだよ!!!!!!!

 

この日、半蔵門雪と源モモの師弟関係は、終わりを告げた。

でも、きっと心は。心はきっと。

 

 

 

9ヶ月後。

 

 

トラックが倒れる…それ1話や…

 

誰や君は…まさか…

 

「お話は分かりましたけど、わ、私なんかがツキカゲなんて、自信がありません…」

ともりるじゃん(冷静)なんでボロ泣きだったのに初見で分かったのか不明。マジで楠木ともりさんでした。

 

あ、やっぱり前にいたのモモだ…

やめて…もう分かるけどやめて…

 

 

「はじめに自信がないのは、当たり前の事だよ」

 

「積み上げた努力と、成果が…」

 

スパイスを噛む。

 

「自信に繋がるんだから!」

 

もーいーかーい

 

いやいやいやいや待て待て待て待て

モモがカッコ良すぎるのもそうですけどそこで、そこで1話しちゃう???

なんでそんな事するの?

泣いちゃう。あぁ、雪の想いはモモに受け継がれましたよ。

 

 

脚本 タカヒロ

 

お前は天才。天才でいいから。ありがとう。

 

才賀伊智香 楠木ともり

リリフレ来るんか???これ更新される頃にはリリフレも更新されるからすぐに分かるけど…

 

もう一人じゃないでそれもずるいからな!!

 

五恵テレ…テレちゃん照れてるやんか…五恵も優しい顔してるなぁ…

 

白虎…ってドルテ!!!???ドルテナンデ!!!!(先行上映会9-10情報だとドルテはツキカゲに保護されてる設定とは聞いた)

社会復帰してるやんけ!!どうやって戻ったねん!

 

命は歌い続けるさ…だから、だから信さん!!!早く戻って来てやってくれ!!!!!!

そしてお前らはゴルジェネを読め!!!

楓も聴いてる…

 

モモも師匠に似てトレーニング馬鹿になってません?伊智香ちゃんしんどそうだよ…

 

 

ほんとさ。 C。

 

モモと伊智香の二人の所に。

 

…雪だ。

 

ああああそのアングルは一話じゃんか。

それにまで意味を、意味をもたせちゃうのこのアニメ。

 

「こんにちは」すらないのか。

まぁ路上だしなんも言ってないから当たり前か。

あの時はまだ、ツキカゲに入ってすらいなかったモモ…

モモの顔はどういう感情だったんだろう。

 

 

 

笑った?

 

 

雪が、笑った??????

は????え、お前まさかそんな事…

でも、セットしたのは雪だし…そんな…

 

 

電話一本モモ。

「はい。百地に孫市。了解です」

「に、任務ですね。師匠」

「うん!」

モモ、頼もしくなって…

 

「さあ、スパイスを効かせて行きましょう」

白虎は忍びなのね。

 

了解!

ああああああなんかテレジアおるううううううううう!!!!!!!!

モモ五恵伊智香テレジア

これが"新生ツキカゲ"か…

 

そうか、命はモモ五恵と同い年やもんね…まだ効くよね…

テレジアが弟子やっとる…五恵師匠か…ああこれはこれで心に来るものが…

 

伊智香ちゃん可愛くない?

 

「ツキカゲ、ミッションスタート!!」

 

終。

 

 

 

 

ああああああああああああああああなんて爆弾を最後にポンポンと!!!!!!

やっぱ最後それよね~~~~~!!!!!!!!

 

これで、RELEASE THE SPYCE のアニメは終わりですが、ツキカゲは続いていくのです。

 

そしてきっと、それはどこかに繋がるのです。

 

 

ぼろ泣きしました。もうそれはもう泣きました。

今ももう一回泣いてます。感想とか無いんですけどね正直…言葉がない。

 

ただやっぱり、12話視聴して完成する作品だったなと…

序盤の伏線は内通者だけではなかった訳で。

雪の長穂とモモとかもそうですし、

記憶消去まで使って来て…

こう12話を1つの作品として見て、本当によく出来た構成だと思います。

だkら、しっかり全話見なければ意味がないんですよ、リリスパって。当たり前ですけど。

 

 

最終決戦は、各キャラのいい所でたなぁって。

 

モモの積み上げた自信と成果が見えましたし、

楓もアクションの所良かった。作画も…

五恵の強さは本当に頼もしかった。本気の時というか力の入った五恵も最高ですよね…

 

みんな無事かなとは思いましたけど11話で、マジで無事やぞってなったらやっぱりああああああああってなりましたね。

カトリーナさん、ツキカゲ時代の服はいるの中々にすごないかそれはとも思ったけど。

白虎はいつも通りだったけどw

やっぱ解毒してくれるよね初芽は…

 

あの五恵が声を聞いた瞬間の反応もすごい良かったなぁ…

 

モモの天堂との対峙、モモがいかに成長したかを感じました。

これなら雪ももう大丈夫だって、そう思ったんでしょうね…

 

ここの長穂が与えた傷を支点にして最後の攻撃に行くじゃないですか。

『長穂』の傷から始まって

1話の『雪』の構図で、

『モモ』が斬るんですよ。

ずるくない????ずるいっすよマジで。

完璧すぎる。完璧すぎるんですよ…

あぁ…繋がってんだなあって。

この世に長穂がいなくとも、この後雪が記憶消しちゃうわけですけど、

それでも、

ツキカゲの系譜は繋がって、モモに至ってるんだなあって思いました。

 

 

テレジアも助かって良かったというか、初芽さん本当に良かったねっておもいます。

初芽さんの信念がこうやって形になって良かったなって。

五恵ちゃんもそれで嬉しそうなのがらしいなとも思いますw(二人でとかじゃないのがね、最終的に弟子にしてるし…)

 

 

いや〜まさか雪が記憶を消すという事は頭になかったなぁ…

『モモの成長の為に記憶を消す』って言うのは…

腑に落ちちゃうんですよ、分かるわって…でも、弟子を楽しみにしていた雪が、とか色々考えちゃった。

モモアレだけ泣いて、雪も泣いてるのが。

雪良かったよね、そこまで想われる師匠になれたんだよ。長穂さんも喜んでるよ。

 

モモ、朝まで泣いた上で撃つんですけど、雪の顔といいホント…

あーばかばかって。

ずっとずっと一緒にいて欲しかったなぁって。

本当に悲しかった。モモ雪は不滅であって欲しかった…

 

新キャラの自信ない感すごいというかなぜか一発でともりるって分かりましたけど…

モモが、雪の1話の言葉言ってるのでも、あああああって思いましたね…

この9ヶ月間で、モモは、みんなはどういう動きをしてたんだろう。

モモはどう立ち直って前を向いたんだろうなぁ…

 

モモがカッコよくなりすぎなんだよなぁ…

逞しすぎる。

 

EDで五恵とテレちゃんが一緒にいる時の五恵の顔とかがすごい初芽の弟子やなって思いましたし、

命が歌ってて良かったなぁって思います。信さん帰って来てくれ。

モモも結局雪と同じように弟子がついていけないレベルまで…w

 

 

で、問題のCですよ。

雪との対峙がさ…

何その一話とまた構図合わせてさ…

あのただのモモがときめいているシーンが、最終回でまた意味のあるものになってしまった…ホントすごい。

 

雪が笑ってるんですよ…

 

スパイは嘘つきだし、記憶消してないんじゃないの?

とか思わせてくるのがもうダメ。

本当に消したのかな…でもそれだったらその顔は説明できないよ…

 

覚えてるなら、いつか迎えに行ってあげてね雪。

モモは立派な師匠になってからでいいからさ。

ホントあの口角だけで泣けて来ちゃう。

 

半蔵門雪のキャラソン

『心はきっと』

だからきっと、きっとね。

さよならだけど、忘れないんでしょ?雪さん。

 

だから、僕は忘れてないって、信じてるからね。

 

あぁ、このアニメ本当にバカなんじゃないの。

キャラソンとも調和が高すぎるんだよ…

全方向で殴ってくるのがリリスパ。これがコンテンツとして正しい形。

 

 

そして新生ツキカゲですよ…

命が高校2年だったのが最後の最後まで活きてた…まだあなたは現役かぁ…

これに『孫市』の伊智香と、テレジアなんですよね…

テレちゃんの強さがやっと見れる気がするわ…五恵ちゃんの下なら、強くも優しくもなれるでしょう…

テレちゃんのコードネームなんなんやろ…

 

モモが「ツキカゲ、ミッションスタート!」

で終わるのはもう十八番っちゃ十八番なんですけどね、過程が良すぎてこれでも泣ける。

 

 

色んな、色んな所が最終話の最後までで筋が一本になった気がしますこのアニメ。

あれだけノリが軽い部分とか色々あったのに、

序盤からの中盤からの直近からの伏線も回収しまくった上で、

1話のオマージュが多すぎてもうちょっとダメでしょこのアニメ。

 

常々12話見て判断するアニメだとは言ってきましたけど、

この1話でここまでしてくれたら言う事ないなぁ…って言うのが正直な気持ちです。

 

最終決戦もきちんと盛り上がりと伏線を考えられた構成でしたし、

何よりやっぱり雪の記憶を消すという事に対して、

うわあああああああって思いながらどこか腑に落ちてしまうというか。

清々するというか、

10話でも言ったんですけどこのアニメ『無駄な要素が非常に少ない』んですよ、

過去の行動が今に繋がるんです。

嫌で仕方ないけど、でもそうだよなぁ…って言うのが、あぁ…このアニメ凄いなあって思う所です。

 

 

安齋由香里さん!!あなたが主役で本当によかったと思います!!

1話の最後で心を掴まれたんですけど、力の入ったモモの演技が本当に良いなぁと思いました…

雪を撃つ時も、泣きがもう、こっちの涙腺を攻撃してくるんで…

 

師匠になったモモの頼もしさも、感じれて、あなたが主役で良かったと思います。

モモの成長もそうですけど、多分安齋さんもこの初主演初主役で成長したんだろうなって思います。

このアニメを見て、売れて欲しいと思いました。

ぜひ、エースと4番が抜けたスワロウの穴を埋めてください。

 

沼倉愛美さん…あの一連の演技には形容する言葉がないです。ボロボロですよこっちは。辛い辛い。

雪は本当にそれで良かったのかな…とかさ。アレだけ過保護だった雪が、この決断をして、そんな顔でそんな声で話されたら、何も言えないよこっちは…

なんなんでしょう、あそこの雪。

「自慢の弟子よ」とかさ、いやいやもう…

リリスパを通してやっぱ改めてぬーさんの凄さを感じた気がします…さすがとしか言いようがない…

ありがとうございました!

 

洲崎綾さんも、こう命のメイらしい所を12話でも見せつけてきたなぁって。

命のキャラをしっかり印象付けさせてくれたと思います…!!

おのれ洲崎はやめてあげましょう()

 

のぐちゆりさんも戦闘の五恵ちゃんがカッコよくて、いつもの五恵ちゃんはかわいい。

そんな二面性の良さを感じました…全編英語の初ソロキャラソンで驚いたし、面白いし…

初主演作品でしたが、青二ジュニア声優さんのさらなる飛躍を期待しています。

 

藤田茜さんは弟子組の中では唯一キャリアを積んでいる訳でしたが、楓のキャラクター性とか、命への反応とかで凄いかわいいなって思わせてもらいました…

二次創作小説で一番楓視点が書きやすいし、最終話楓かわいいなぁ…って思ってた…もしかしてワシ、楓推しになるのかもしれない…

ニコ生等でも初主演の二人をすごいサポートしてくれていたと思います…ありがとうございました…!

 

内田彩さんは12話で言えば「ただいまです」が良すぎましたね…

ビビオペの頃から知ってますけども(その辺りからアニメ見始めたしビビオペから声優名を気にするようになったんですが)、

初芽さんの優しい所や、五恵ちゃんやテレちゃんへの対応とか、初芽さんの包容力を1クール通して感じることが出来ました。

本当にありがとうございました…!

 

 

このアニメ、キャスト陣に恵まれたなぁって。

新人に近い人が2人入っているのにそれを感じさせないアニメでした。

最近は本当に毎クール数本新人に近い声優で固めたアニメが存在するわけですけど、そういう事を感じさせないっていうのは、こういうアニメにおいては最大の褒め言葉何じゃないかなあと思います。

声優ってすげえなって改めて感じましたね(ブログタイトル的にも声優には触れないとねw)

 

 

リリスパというアニメは終わりましたけど、まだ続いていきそうな息吹まで感じれました。

きっとリリフレに繋がっていくんだと思うんですけど。

その先も、見たいぞと。

OVAでも2期でもなんでも良いから…

伊智香ちゃん、モモの弟子には適任っぽかったなぁ…昔の自分を引っ張っていく感じすらする。

 

正直な話、12話が良すぎました。

個人的にハッピーエンドは望んでいましたが、それだと普通すぎるとも思ってたんで…

11話で、こう『これハッピーエンドかも?』って思わせて、

ある意味ガッカリした方もいたんじゃないかなって思うんですけど、それをちょっとだけズラしてきた。

 

結局11話でもタカヒロの掌の上で踊らされてたんだなって。

 

切ないし辛いけど、雪の記憶を消したというのは、この作品の最後のスパイスで、大きな加点ポイントだったんじゃないかなって思います。

形容する言葉がないんですよね、今。

 

ここまで、12話のアニメで、伏線を感じれて、回収してくれて、それで心を震わせてくれるアニメってあるんだなって。

普通色々伏線というか、謎を投げっぱなしになることが多いんですよ。

世界観がよく分からないまま終わったりすることもあるんですよ。

 

でも、リリスパはすごく最終回で手早く綺麗に畳んでくれたと思います。

畳む場所は、きっちり未来に残した上で。

 

このアニメを胸を張って勧められる…と最終回見て思いましたね…

12話まで見て完成するこのアニメ…

なんなんでしょうか、各話にちょっと空いているスペースを終盤どんどん詰めていってくれたと思います。

 

このピースは、ノベルのゴルジェネとかを読むとより強固なものになります。

最終回見て、ああやっぱゴルジェネも読んでほしいと思いました。

29日発売です。リリスパ視聴者はこの鈍器を頭に受けてほしいです…(太さ的にマジで鈍器…)

[amazon_link asins='4049122286' template='ProductCarousel' store='oniji-22' marketplace='JP' link_id='0aaa3b4c-0666-11e9-be76-8105a097597e']

 

多分総括については後日書きます。

 

ごめんなさい、正直今回は良すぎて言葉にならないんです。

なんでしょう、本当にリリスパを追ってきて心から良かったと思える最終回を提供してもらったというか。

尺の心配してごめんね?いや、本当はあと15分くらい長くしてもっと描いてほしい事がとか思うことは多少ありますけど、

でもほぼ完璧な

リリスパとして完璧な終わり方をしてくれたんじゃないかなって思います。

 

このアニメ、設定がぶっ飛んでいたり、ツッコめる所もあるはずなんですけど、

『あらゆる事が意味を持ちすぎてる』んですよ。

だから、それをこっちが理解できた時このアニメは化けます。

1、2話が最終回でここまで意味を持たせてくれるとは思いませんでした…

たまたま放送前にBD買ったのもあり1、2話を見返していたのがさらなる最終回への追い打ちになりましたね…

 

2話の協力者か記憶を消すかの回想入った瞬間に察せてしまいまして声が出ました…

 

巷での評価がまちまちな理由って本当に

1-8をマジで見ていたか

理解できるかどうか

だけだと思うんですよね。このアニメは敷居がちょっと高いかなぁとは思いますね。

ここまでの怒涛の展開についていける頭が必要なので、伏線とかがどこか頭に入ってないと多分平凡でしょう。

 

本気で見た上でゴルジェネやインターミッション、ないしょのミッション、HPキーワードを追えばよりストーリーと世界観の理解につながります。

 

リリスパはスパイがどうしても目を引かれるんですけど、そこが本質じゃない気がします。

ツキカゲにおいては決断と、ある意味死より残酷な運命とかが有る気がします。

タカヒロ氏の作品としてはまた毛色が違うのかなとか、思います。他作品見てないんで、わからないけど…

 

とりあえずゴルジェネを読みましょう。

ある意味伏線張りでもある1-8で、より震えれると思います。

もっと藤林長穂の事を。

もっとメイの師匠高坂信の事を。

もっとカトリーナの事を。

もっと雪を、メイを、初芽を知ってほしいです。

 

なもり先生だからなもり先生ではやらないような事がしたい。

テーマは師弟関係と人から人に受け継がれていくもの。

 

タカヒロ氏が掲げたこのテーマは、最終回でより感じる事が出来ました。

このアニメはスパイアクションコメディと言うには、深すぎる気がするし、ちょっと重い気がしますけどね。

 

テーマにスパイが入ってないようにこのアニメの本質ってやっぱり上記の二つだったなって改めて最終回で思いましたし、

そこに泣かされたと思います。

 

ごめんなさい、本当に今回は文章に整合性とか順番って物がない。

 

とにかく最高のアニメでした。

12話見て判断すると言う自分の考えは何一つ間違ってなかったと言いたい。

25日まで1-11が無料。

12はAbemaで観れる。

 

今からでも遅くない。

しっかりリリスパを最初から最後まで真剣に見てみよう。

1つの作品として見てみよう。

 

リリスパはきっと応えてくれます。

 

アニメのリリスパとしては一つ区切りを迎えますが、これからソシャゲのリリフレが始まろうとしています。

この灯火を消すわけには行かないと思います。

需要がなければ確実に終わります。

終わらせない努力をしたいなとは思います。

 

このブログにここまでアクセスいただいて本当にありがとうございました。

感想や考察をするのが初めてで、お見苦しい所もあったと思います。

でも、リリスパで誰もいなかったから。

やるしかないと思って始めたこういう感想や考察をやってきて報われたなと思える12話でした。

 

リリスパ二次創作小説とか書いてます。リリスパに様々な方法で愛を伝え続けたいと思っています。

 

多分総括するかな?

ただとりあえず感想記事としてはこれが最終回です。来期とかやるとかは多分ないです。

リリスパだから出来た事なので。

最初は、OPが良いから見始めたアニメに、人生で最もハマってしまいました。

別に覇権ではないですし、巷ではまちまちも良い所の作品ですけど、ちゃんと追っていけば、この作品が素晴らしいことを分かってもらえるんじゃないかなって思って、それだけで書いてたので。

この情熱は、よほどのことが無い限り無いと思います。

あと、基本僕は供給側じゃなくて、受容側でいたいので。

なので、またTwitterとか、小説等でお会いできればなと思います。

記事とか小説の感想は待っておりますので…!

 

最終回まで拙い文章を読んでいただきありがとうございました。

 

そしてリリスパ制作に関わられた全ての方に感謝です。

最高のアニメでした。

ありがとうRELEASE THE SPYCE.

これからも幸がある事を願いつつ感想記事を締めさせて頂きます。

 

ここまで読んで下さりありがとうございました!!

また、リリスパの記事を書けたらなと思います。とりあえずリリフレかな…?

 

ブログ書いてて何回泣いたんだろ。本当にいい最終回だった。

でも、モモと雪には、また一緒になって欲しい。

いてほしいなあ…このアニメ、主人公の系譜に厳しすぎるんだよ…