声オタおにじくんの声学審問H!

声オタおにじくんの声学審問H!

過激派で有名な(?)おにじさんが、声優の事を語ったり。

声オタおにじくんの声学審問H!


おすすめ記事

【6月更新中】2021年度声優公示(新規入所・入所・移籍・退所・昇格等)

6ちゃろ~、おにじです(激寒)

今回は毎年恒例となりつつある声優公示。

4月はデビューや、昇格などの全ての新規入所、入所、移籍、退所、昇格等を出来るだけ追う努力をし、5月以降は移籍や入所、退所を追っていく予定。

昨年の記事は以下の通りとなっている。

oniji.hatenablog.com

 

更新状況

現在6月1日、13:00である。

6月の移籍の追跡を始めている。

 

追記

4/2になっても、81プロデュースの新規加入と、青二プロダクション青二塾組の新規加入が更新されていない。

今年は新型コロナの影響もあり、日付がズレている可能性もあるが、もうしばらく状態を注視した上で速報版から、個別版に切り替えさせて欲しい。

 

81と青二には動きがない。コロナの為ズレている可能性もあるが、一応今週末は待ってみようと思っている。

 

一週間経っても81と青二に動きが無かったので、正規版の作業を開始する。

 

f:id:oniji:20210401182854p:plain

4月

速報版も一応残しておくか…(

docs.google.com

 

今年度も一番声優が加入し、動く月である4月1日を中心とする期間が落ち着いた。

今回は速報版では分類していなかった物を分類して、しっかりとまとめていく。

今回非常にデータ数が多いため、Googleスプレッドシートを使用している。

まれに表示が真っ白になるということもあるのだが、PCの場合は上らへんで選択するようにマウスを左クリックしたまま左右にやるとだいたい復活する。なんでこうなるのかはしらん…

 

新規入所

まず始めに、声優としての正式な一歩を踏み出したと言える新規入所(雑に言うとデビュー、実際には養成所のタイミングでデビューしている声優も多いので違う場合が多い)から。

(スクロールします)

今年は93人の新規入所の声優を捕捉した。

昨年が84人捕捉していたので、増加した形となる(捕捉範囲が広がったとも言う)

 

例年通り、シグマ・セブン、賢プロ、アイム、アクセルワンバオバブ、マウス、ステイラック、アトモン辺りは新規入所声優をこのタイミングで発表している。

また、BLACKSHIPが一気に新人を獲得、独立から4年位になると思うのだが、かなり一般声優事務所としての稼働を開始しているなという実感も有る。

 

ただ下に書いた通り、毎年このタイミングで新規入所声優を発表する81と青二が現在の所反応がない。

81はオデが遅れていたこともあり、かなりコロナの影響の可能性が考えられるし、青二も同様かもしれない。

 

また、追加告知とかが一切ない大沢に、大沢オデ組の水上亜紗美の記載を見つけたのだが、これが4月から入ったものなのか、ちょっと前から入ってたのかの確信がない。

まぁどちらにせよ、水上が大沢オデ組で一番乗りの大沢事務所HP記載者となっている。

 

 

入所

続いては、フリーなどから事務所に入った入所である。

スペクラ組の去就がほぼほぼこれで固まった。

駒形は角元と同じアミューズ系のApollo bayへ。(ベイがベイとかいう)

三澤はスタダへの入所が確定した。

また、佐土原かおりアクロスエンタテインメントへの入所が決定。

スワロウも地味に補強している。

 

三澤は一生まともな事務所を引けない運命なのかもしれない。

 

移籍 

続いて、一番明確とも言える移籍をまとめている。

 ま~た小倉唯が移籍した。

これで子役時代を含めると、(劇団東俳アップフロントトレンドスタイルキューブシグマ・セブンe→シグマ・セブン→クレアボイス→ジャストプロ→アトミックモンキー)となり、実に8事務所目となる。

しかし、なんでこう小倉は最大手には行かないんだろうか。(5chスレではお姫様扱いしてくれる所探して旅してるんだろって言われてたけど、まぁそう言いたいくらいのスパンの短い移籍と事務所だよな…別にアトモンは悪い事務所じゃないけど)

 

そんなアトモンから小市がステイラックに移籍。ステイラックはここ数年効果的な補強を進められており、非常に実力が伴った事務所になりつつある。(すでに泥舟と化している説がある俳協から村川を引っ張ってきたりしてたし)

しかし、小市はアトモンから流石にもう出ないんじゃないかと勝手に思っていたが、そんな事はなかった。アトモン、本当に育つと出ていかれる。

 

そんなアトモン、今年は話題に事欠かず、ザ・ユニバースから大量の声優を獲得した。この辺りの声優は所謂ナレーション声優であり、アトモンはナレーション声優を大補強した形に。しかしこんなに動くこと有るんだな…

 

そして、津田健次郎がアミュレートとかANDSTIRに移籍。これも大きな移籍と言える。

3月に声優アワード主演男優賞を獲得した声優が移籍…こういうパターンは確か梶裕貴がやってたはず。

 

 

昇格

続いて、預かり、ジュニア所属、準所属などから昇格した声優。

こういう物を開示している事務所は別に多くないのだが、なんだかんだいる。

アミュレートが大量昇格。準所属とか預かりとか超えて正所属にどうもなったように見える。

 毎年のプロ・フィットの昇格だが、今年は長谷川育美とファイルーズあいが昇格した。

ファイルーズは預かりから準所属に昇格したのが去年の1月とかだったので、また一年ちょいで昇格した形に。まぁ妥当。(ジョジョも決まったしね)

長谷川は割と準所属が長かったが、ついに昇格、今年は長谷川育美の年に出来るだろうか?(夏までレギュラーアニメ確定の上に月姫

 

 

業務提携

フリーの声優が事務所と提携する奴。一番立ち位置が良くわかんない業務提携。4月も発表されている。

大関英里がエルアンドエル・ビクターエンタテインメントと業務提携、茉莉邑薫がオフィスアネモネと業務提携した。

”エルアンドエル・ビクターエンタテインメント”ってマジで長い印象ある。能登有沙とかが居る所。

 オフィスアネモネもなんだかんだ補強を続けている印象。

 

 

退所

続いて事務所を出てフリーとなった、退所した声優をまとめる。

今井麻夏が3/31の時点でアイム退所を発表したのを皮切りに、12名の退所を捕捉した。

ラブライブ声優である諏訪ななかがアミュレートを退所、恐らく数ヶ月以内にどこかに入所するだろう。

また、表でも裏でも名義をほぼ変えない事で有名な民安ともえが所属していたエイシスプロダクションから退所している。

 

 

廃業・引退

最後に、廃業・引退した声優を一部ご紹介・

というか、公式に事務所からリリースが出るものはこういうの本当に少ないので…

しかし、そんなにバトリレで明暗分かれ無くてもいいと思うんだが…(

 

 

4月期まとめ

ということで、4月期の声優の動きは以下の通りとなった。(スクロールします)

157人の声優の移動を今回は捕捉した。

これでもまだまだ捕捉できていないほうだと思うが、昨年より数字は多くなったのでまぁ良いってことにしよう…

 

当記事では、5月以降は移籍・入所・退所などに絞りはするが集計は一応やめないつもりなので、よろしくお願いします。

 

5月

入所

 

退所

 

 

6月

入所

ナナシス声優、森千早都と、元A応P声優小嶋凛が入所している。

タンバリンアーティスツは雑に言うとドル事務所である。

 

移籍

 

業務提携

サンシャイン声優諏訪ななかが、ステイラックと業務提携の運びとなった。

3/31付でアミュレートを離れたが、2ヶ月で次の事務所が決まった。

しかし所属じゃなくて業務提携なのなんでなんだろうな…

 

退所

 

 

以上。