声オタおにじくんの声学審問H!

声オタおにじくんの声学審問H!

過激派で有名な(?)おにじさんが、声優の事を語ったり。

声オタおにじくんの声学審問H!


おすすめ記事

『FIFER's FIFA 23 Realism Mod Lite』がリリース。とりあえずライセンス諸々を正規に。

おにじと申します。

 

今回は、ゲームの話題。

EAからのFIFAラスト作となる『FIFA23』(って書いておかないと一応EA以外からFIFAが出る可能性はあるからね)だが、こちらのPC版MODの方がしっかりと進んでいる。

今作はEAACが存在する為、困難を極める可能性もあったわけだが、そんなこともなく。

今回は、『FIFER's FIFA 23 Realism Mod Lite 1.0』が出たので、こちらの導入方法を紹介しておく。

今作におけるMOD行為について

当ブログでも過去に記載した通り、今作から『EAAC』というアンチチートソフトが入り、オンラインでのチート行為という所が厳しくなっているかつ、オフラインでのMOD行為にも目を光らせている状況である。

しかし、Aranktu氏や、FIFER氏は、この『EAAC』を回避する方法を発見し、今まで通りMOD行為が行える状況に現在のところはなっている。

ただし、これは現在においてという事であり、今後EAから対策される可能性はある。

また、現在においてもEA Appでの起動は少しややこしくなっている。

Origin、またはSteamでの起動をおすすめする。

どちらにせよ、今までよりもMOD使用はグレーなものとなった。一定以上のリスクというものは存在するということを理解した上でMODを楽しんで欲しい。

 

FIFA Mod Managerをダウンロードしよう

www.fifaeditortool.com

f:id:oniji:20211110171129p:plain

FIFAでMODはを始めるに当たって必要なのが、『FIFA Editor Tool』と呼ばれるもの。

『Frosty Editor』開発終了後、FIFER氏などによって制作されているFIFAのMODには欠かせないものだ。

FIFA Editing Tool』はMODを制作する『Editor』と、作られたMODでFIFAを起動、MODを管理できる『Mod Manager』が存在する。

使用する場合は『Mod Manager』が必要なので、そちらを中心に解説していく。

とりあえず、Mod ManagerのDownloadを押してみよう。MEGAが開かれるので、ダウンロードしてみよう。

 

ダウンロードしたZipを解凍しよう。

解凍するソフトは、7-zipでも、CubeICEでも。解凍できたらなんでも。

エラー出にくいのは7-zipかなあ…?

sevenzip.osdn.jp

www.cube-soft.jp

 

f:id:oniji:20211110171701p:plain

起動すると、最初ゲームを選ぶ画面になると思う。

自動でFIFAの場所を基本的には特定してくれる模様。なかったら『Scan of games』を押してスキャンしてみよう。

今回は『FIFA23』を使うので、FIFA23をクリックして、右下の『Select』を押そう。

『Select』の左にある『Make Default』をオンにすると次回からこの画面を開かずに一発で次の画面が出てくるはず。

 

f:id:oniji:20211110172222p:plain

基本画面はこんな感じ、空っぽだとこういう感じ。

とりあえずここまで準備できれば、次はMODを準備しよう。(使い方は下に書くぞ)

 

 

FIFER's FIFA 23 REALISM MOD Liteを導入してみよう

では、今回はリリースされた『FIFER's FIFA 23 REALISM MOD Lite』を導入してみよう。

このMODはまだLiteとあるように、いつものリアリズムMODの要素の大半を含んでいない簡易版。

今回のMODは、ローマ、アタランタラツィオナポリ等のライセンスがないチーム(ローマFC、ベルガモラティウム)のチーム名やユニフォームをリアルに出来るMODという感じだ。

 

www.fifermods.com

 

こちらのページを開き、『Download』を開くと、Patronのページが開き、Discordに入れって書いてるので、Discordのサーバーに入ろう。(なのでDiscordアカウント必要だわ)

 

『public-release』にダウンロードデータがあるので、ここからダウンロードしよう。

 

こちらも解凍しよう(実際今回の場合は解凍しなくても直接入れれたりするのだが、別個での動きとかでややこしいので、解凍して入れるほうが安全だと思います)

 

f:id:oniji:20211110174014p:plain

解凍して出てきた『FIFER's FIFA 23 Realism Mod Lite.fifamod』を、先程準備したMod Managerにドラッグ&ドロップしよう。(画像去年のだけど許して)

するとインストールが行われる。

 

f:id:oniji:20211110174146p:plain

いれるとこういう感じで、表示される。

この状態になれば入ってる。ただまだ作業は必要。

 

左下にボタンがあり『Import Mod(s)』『Remove Mod(s)』『Apply Mods(s)→』とある。これを触る。

今回は、『FIFER's FIFA22 Realism Mod Lite』を左クリックで選択したあと、『Apply Mods(s)→』をクリックしよう。

 

すると、右側に表示が出たと思う。

この右の表示が出ているMODが、実際に起動時に適用されるMODだ。

この場合、『FIFER's FIFA22 Realism Mod Lite』が適用される。

 

これで、上の真ん中の方にある『Launch』をクリックするとFIFAが起動する。

MODで起動する場合は、このMod Managerを開いて、ここから起動しないといけない。

OriginやSteamから起動するとMOD適用なしで起動する形になる。

 

『Launch』の右にある▼を押すと、『Delete FIFAModData and Launch』というのがある。

これは、MODを起動する際、FIFA22があるフォルダに『FIFAModData』というフォルダが自動的に作られて、そこにMODのデータが入って起動する仕組みにおそらくなっているのだが、それを一回全部削除してから起動する…という物だ。

これは、リアリズムMODとかの場合はバージョンが変わった時とかにこっちで起動することをオススメする。

基本的にMODは最初の起動時に適用されて、そこからはキャッシュがあるので素早く起動できるのだが、MODの中身が変わっているのにそのまま起動すると不具合が出る時や、正しく適用されない場合がある。

なので、適用するMODを変えた時はこっちで起動すると、エラーを吐きにくくなる…みたいなふうに思っていれば良いと思う。

 

f:id:oniji:20211110234006p:plain

これで起動すれば、リアリズムMODLiteが適用されるぞ。

最初は読み込みに時間がちょっとかかるが、待っていれば大丈夫なはず。

まぁLiteだからそんな時間かからんはず….

 

もし入れて起動して変わってない場合、一回Mod Managerを再起動してみるとか、『Delete FIFAModData and Launch』で起動してみたりすると行けるかも。

基本的に今はこの辺をちゃんと実名にする事に絞られたMODとなっている。

 

現在、Realism MODは早くもアルファ版でのテストが開始されている。

今年は1.0での機能を絞り、早期リリースを目指す方針の模様。

いくつかバグはあるものの、固有フェイスの追加や、市場価格の変化などなど、多くの変更されるものになる。

リリースを楽しみにしておいて欲しい所である。

↑アルファ版のデータでもこれだけ出来てる

 

 

クラッシュしてしまった場合は?

今の所遭遇していないが、クラッシュしてしまう可能性はある。

1、バイナリエディタ開きっぱなしって事はないか

英語実況の作業をした直後に…という場合は、バイナリエディタを開きっぱなしにしてしまっている時がある。

バイナリエディタは閉じないとFIFAは起動しないので気をつけよう。

 

2、一旦FIFA22のフォルダにあるMODデータを削除してみよう

これは、FIFAのフォルダにMODデータを削除するのであって、ダウンロードし直すというわけではない。

『自分がFIFAを入れたディスク(何もしていなければC:)』→『ProgramFiles等』→『origin games』→『FIFA23』の中にある『FIFAModData』を一旦削除してみよう。

これで、もう一度Mod ManagerからMODが追加されるようになり、解決する場合がある。

また、この時はまたコマンドプロンプトを聞かれる場合が多いが、変わらず許可しよう。

 

3、fifasetup.iniを弄ろう

『C:\Users\ユーザー名\Documents\FIFA 23』の中にある『fifasetup.ini』を開いてみよう。

その中に『DIRECTX_SELECT』という文字列があり、これが『0』になっている場合がある。

これを『1』にすると、治る場合がある。

 

4、Settingフォルダの中身を全部削除しよう

『C:\Users\ユーザー名\Documents\FIFA 23』の中にある『Setting』ファイルを全て削除する。

これは特に『ようこそ FIFA23へ!』が永遠に表示される人に効果的。

こちらはFIFA側のバグなんだけどね…

 

以上が、基本的なクラッシュ対処法となる。