声オタおにじくんの声学審問H!

声オタおにじくんの声学審問H!

過激派で有名な(?)おにじさんが、声優の事を語ったり。

声オタおにじくんの声学審問H!


おすすめ記事

#おにじ声優名鑑シリーズ Vol.05 長谷川育美(2021年版)

ちゃろ~、おにじです(激寒)

 

これ4/10の18時に書き始めており、間に合えば今日の21時に出すという弾丸記事である。

いや、書くつもり無かったのだが、そういや今日から『86-エイティシックス-』始まるし、どう考えても書くタイミングとしてここを逃すとなってなった。

 

という事で、割と名鑑のストックは表裏共に存在するんだが、全部飛ばしてもう一回長谷川育美を書く。

 

長谷川育美

プロ・フィット声優養成所

→プロ・フィット(預かり)

→プロ・フィット(準所属)

→プロ・フィット(正所属)

 

生年月日 : 5月31日

デビュー : 2016年

出身:栃木県

 

査定(データ小の為仮査定)

演技力:(C

演技幅:(D

歌唱力:(C

キャラソン力:(C

トーク力:(D

実績:(E

過激派的将来性:(B

f:id:oniji:20210410181124p:plain

 

 ↓去年の

oniji.hatenablog.com

 

一年前、ここまで長谷川育美がトントン拍子に来るとまでは思っていなかった。

2021年、この年は長谷川育美飛躍の年と言ってまず間違いない年にまだ4月だと言うのになってしまった所がある。

 

プロ・フィット生え抜きの若手声優…と言いつつ今年で6年目くらいであり、割と下積みは長かった方に部類される声優になりそう。

特に2020年まで目を引いた、アニメにおけるモブ役の多さは、堅実な声優としてのステップを踏む良い時間だっただろうし、その他様々な経験を身に着けた上での、満を持しての登場という言い方も出来るのだろう。

ウマ娘 プリティダービー』のミホノブルボン役はだいぶ前から決まっていたし、これが表に出るタイミングになりそうだったのだが、如何せんウマ娘のリリースは2021年だった訳で、大々的に出るという感じにはならなかった(ぱかラジとか出てたけど)

 

そういう意味で、やはり『推しが武道館いってくれたら死ぬ』松山空音役が最も最初に矢面に立つ舞台になった感じはあった訳である。

作品としても人気は出た訳だし、ファイルーズと長谷川という並びはプロ・フィット準所属メンツ(当時)だった訳だし…(推し武道アニサマ残念だったね…)

 

さらなるメイン役と言える所で『弱キャラ友崎くん』の七海みなみ役が登場。

ドラマCDからの継続の登場だったわけだが、非常に明るいキャラクターであるみみみを上手く演じたのではないだろうか。見せ場の所でもちゃんと魅せれた方だと思うし(まぁアニメの出来に関してはノーコメントで)

こういう喜怒哀楽が素直に出るタイプのキャラクターは、彼女が得意としている所もあるんじゃないかなと。

初の単独キャラクターソングにも挑戦した作品ともなるわけだが(まぁウマ娘のうまぴょいとどっちの方が早かったのかは知らんから正確じゃないかもしれないが)結構良いクオリティのキャラソンを出してきた。

『推し武道』『うまよん』等でもパートで悪いことはまずないだろうと思っていたが、単独でも問題ないクオリティであり、今後の活躍を予感させた。

 

2020年最後の衝撃、『月姫リメイク』(正式名称『月姫 -A piece of blue glass moon-』)が本当に出る…!という所にまさか”アルク / CV:長谷川育美)の名前を見るとは思わなかった。

筆者はオタクによる「ひっくり返った!w」とかいう表現は好みではないのだが、この時は文字通りひっくり返った。(ひっくり返ったっていう表現が好みではないと言いつつ友崎86ラッシュのときもひっくり返ったってブログに書いてたわ)

嬉しさと怖さしかなかった。というか、今でも怖い。

リメイク作品の声優交代は怖い、何をやっても前の人がよかったと言われたらどうしようもない。

それでも彼女にとってめちゃくちゃな大役が任された事は喜ばしいことである。

oniji.hatenablog.com

 

ウマ娘プリティーダービー Season2』ではミホノブルボン役で登場。

1期OVAにも登場していたが、本格参戦。

ライスシャワーミホノブルボンへの尺の割かれ方も結構あったので、”サイボーグ”とも称されるミホノブルボンの感情があまり出てこない役での演技の立ち回り方等に注目した訳だが、一発本当に爆発しないと駄目な所でちゃんと爆発出来たと思うので、良かったんじゃないだろうか。

アニメ効果、ようやく出たゲームでも結構すぐ実装された事もあり、割とブルボン人気そうだし。

 

そして本日、昨年の『ANIPLEX NEXT』での初報から一年以上経って『86-エイティシックス-』が放送される。

センターといえる、レーナ役長谷川育美である。

現状PV等での彼女の演技に関しては、結構良い感じなのではないかと思っているが、実際アニメでどうかを見なければならない。

彼女にとって初のドセンターみたいなもんである(あれってダブル主人公って事で良いの?あんま分かってないから間違ってたらすいません)

前クールの『友崎くん』とも『ウマ娘』とも違う役柄であり、また新たな彼女の側面をたっぷりと味わえる作品になっていればいいなあ…とか。

 

次クールでは『現実主義勇者の王国再建記』アイーシャ・ウドガルド役が決定しており、3クール連続でそこそこのポジションの役をアニメでやる事になる。

長谷川育美という声優の知名度は、ここ一年で加速的に上昇しており、まだまだ上がっていく事だろう。

 

4月1日、ついにプロ・フィットの正所属に昇格した訳である。

 

 

彼女の能力の高さはなにかと言えばやはり感情表現の所であろう。

声優の演技において、一番上手い下手が分かりやすく出る所の一つが感情表現ではないかと筆者は常々考えているわけだが。

声優における感情表現の難しさは、声だけで感情を出さないと行けない所である。

もちろん”絵”という補助がアニメには入るわけだが、そこではやはり実際の三次元と比べて不完全な所も存在する。

だからある意味でわざとらしく表現するべき所もあるし、そうじゃない所もあり、このさじ加減というのは非常に難しい。

もちろん棒読みとかそれ以前の所もあるが、こういう所が声優がやる演技と、俳優がやる演技と、芸能人がやる演技でのクオリティの差に直結する所の要素としては上げられるだろう(もちろん上手くやる人間もいるが)

 

この点に関して、長谷川育美という声優は今の時点で十二分とも言える能力の高さを見せているように思える。

キャラクターによって求められる感情の幅というのは異なる。

例えば『友崎くん』の七海みなみと、『ウマ娘』のミホノブルボンは全く違うモノである。

まぁここまで明確に違えば、違いは出しやすくはあるのだが、そういうキャラクターに沿った感情表現を適切に行えるかどうか?という所は、基本的に思えるのだが別に声優全員が上手く出来るわけではない。

 

場面によっても、ここは感情を抑えている事を声で分からせないといけない場面があったり、ここは若干キャラ崩壊してもいいから感情を全部吐き出さないといけない場面があったりするわけだが、

そこでちゃんと出来ているし、見ている側の印象に残る演技が出来ていると思う。

まぁ単純に言えば演技の緩急といえる所だろうが、それには息の使い方であったり、間のとり方、声色、色々なスキルが求められる訳で、こういう所が出来ているというのは演技力の高い声優になれる要素を持ち合わせていると言えるのではないだろうか。

 

声幅に関してはもう少し開拓を求めたくなるのは贅沢な悩みかもしれない。

まぁ彼女の場合は、多くの引き出しを持つ…というタイプではなく、近い所であっても違いをちゃんと出せるタイプの声幅の広げ方が現実的だろうか。

幸い、彼女はそういう声の使い方は比較的出来ている方だと思う。

まぁあとは使ってくるサイドの声の指定度合いとか、ディレクションとかにもよると思うのだが、

やはり同じ声をずっと使い続けられると、どのキャラの声か分からなくなるし、飽きるし、

そういう時に限って結構キャラクターと声合ってるの?とかなりがちだしあんま良いことはない。

演技の時に顔を出さない声優という職業において、『一発で声優が誰か分かる』は褒め言葉にならないからである。(声優における最大の褒め言葉は『EDでキャストまで誰が演じていたか分からなかった』定期)

まぁ大体的な引き出しは求められるタイプではないと思っているので、そういう違いを見せられる声優になってくれると筆者的には結構喜ぶ。

 

なおブルボンのような役柄は所謂”ボソボソ”の領域であり、これを素直に声幅の引き出しとして認めることは難しいのだが、アニメにおいてのブルボンの演技は割と良く、所謂”誰でも出来るタイプのボソボソ”ではないような気がする。(まだ断定出来る程ではないが)

 

ちょいちょい歌をキャラクターソングで歌うようになってきているが、非常にきれいな声を出している。

透明感がある感じで、今後のキャラソンも注視しておきたい。まぁ別に歌唱力がなくてもいいのだが、歌える事に越したことはない。

キャラソンというものの方が声優として求めたい能力だが、この辺りも悪くはなさそうである。まぁブルボンでうまぴょいは無理ゲーだしノーカンでいいだろ…(良くはない)

 

トークに関しては半年ちょいで終わりよった『長谷川育美・佐伯伊織のGO FIGHT WIN』において特に不自由もなく、割とボケられるし、ツッコめる。

恐らく特に問題はないが、一応場数が少ないので査定はDにしている。まぁそのうち査定はCに絶対に上がる。

まぁラジオやら生放送やらでも特に問題はなさそうなので、今上げてもいいんだけどね…(

 

長谷川育美という声優は演技力で殴ってくるタイプである。

元々の声質的にも声が聞き取りやすい部類に入りそうだし、昨年の後半からメイン役をやり始めた声優としては十分すぎるスキルと能力を持っているといえる。

現在の声優事務所の中でも割と粒ぞろいになってきている事務所において、今年飛躍を遂げるのは間違いなく長谷川育美なのだろう。

本日の『86-エイティシックス-』が上手いこと行って欲しいものであるが、割と最初から追っていた声優がここまで来るのは、嬉しくもどこか寂しい所もあるものである。

 

以上。

内匠靖明・中嶋アキが結婚、最近声優結婚ラッシュ?

ちゃろ~、おにじです。(激寒)

 

 

4月になって急にこの話題が急増。

筆者割と今ブログに忙し目なのにまた書かないといけないことが増えた(

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/oniji/20201230/20201230190242.png

  • 内匠靖明・中嶋アキが結婚
  • ここ二週間程度だけで4例6人の結婚というラッシュ
続きを読む

『 #アオナツライン 』の系譜に足りる作品となれたか?Wonder Fool『 #ユキイロサイン 』製品版感想

ちゃろ~、おにじです(激寒)

 

今回は、エロゲ製品版感想記事。

久々のエロゲ製品版感想記事である。

製品版の感想記事は、『響野さん』にまで遡る必要性が有るらしい。

oniji.hatenablog.com

 

体験版感想は、割と出しているのだが…

oniji.hatenablog.com

oniji.hatenablog.com

oniji.hatenablog.com

 

実のところ一応ガラス姫は製品版やってるのだが、感想ブログを書くほどでもなかったのである、許して(

 

という事で今回は体験版感想も書いたWonder Foolの『ユキイロサイン』の製品版をプレイしたので、感想を書いていこうと思う。

f:id:oniji:20210405171417j:plain

  • プレイ前所感
  • UIチェック
  • 雑感
    • 香子ルート
    • スヴェルート
  • 実玖ルート
続きを読む

#ゆびさきコネクション #海と雪 #9ナイン 等…2021年4月発売予定エロゲ(美少女ゲーム)一覧

ちゃろ~、おにじです。

 

今回は当ブログでの試験的な記事として、月にあるエロゲ発売作品を並べる記事を上げてみようと思う。

需要があるようだったら続けてみる。なければやめる…(

各月に出た最新情報に関してはエロゲダイレクトをご参照ください。

なお、何かしらの間違いがあるかもしれないが、許して…(

f:id:oniji:20210403161630p:plain

  • 集計方式
  • ゆびさきコネクション(HOOKSOFT)
  • 海と雪のシアンブルー(CUBE)
  • Secret Agent影華 ~shadow flower~(ensemble)
  • 幼馴染のいる暮らし(あざらしそふと)
  • コイ×ミツ ~八重練紗祈と赤い糸の王子様~(とるてそふと)
  • もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界超エロサキュバス学園!(みるくふぁくとりー)
  • 9-nine-(全年齢・完全版)・9-nine-新章(全年齢・単体DL販売版)(ぱれっと
    • ディストピアの王 - PIL/SLASH
    • 天翼のアスクレイン - Triangle
    • アイドル姉妹をエッチにプロデュース! - kelp
    • とっても明るい! お嬢様の満喫☆夢のどすけべ生活 - evoLL
    • ぼくおね ~End of Summer Days After~ - boot UP!
    • お兄ちゃんチョー好き99時間エッチしよ! - コンフィチュールソフト
    • 搾精病棟 ~性格最悪のナースしかいない病院で射精管理生活~ - だーくワン!
    • 魔闘士マイヤ 魔域十二子宮編 - わるきゅ~れ
    • ギャルカノ! ~わがままボディな奔放彼女~ - アトリエさくら
    • 伝説の勇者と災厄の魔王の恋愛事情 ~勇者は魔王の母に、魔王は勇者のママに恋をした~ - アンモライト
    • 爆乳秘湯奇譚 ~人妻女将の淫欲秘話~ - エレクトリップ
    • 霊神楽 〜奮闘記〜 弐 - でぼの巣製作所
    • 時計仕掛けのアポカリプス - オトメイト
    • 快楽堕ちする姉妻 ~夫の為に淫らな要求に逆らえない~ - アパタイト
    • ハァ?テメェの童貞×××で寝取られるわけねーし! ~褐色爆乳ギャルは兄貴のオンナ~ - アパタイト
続きを読む

#9ナイン #さいころ #ランス10 #はるくる 等。FANZAGAMESスプリングセール開催。個人的注目作品まとめ。

ちゃろ~、おにじです(激寒)

 

年度開始、めちゃくちゃ忙しい。ブログが(

今回は、4/1より開始されているFANZA GAMESスプリングセールを見ていく。

今回は、第何弾とかが週末限定セールだけなので軽めにって感じで(というか声優の移籍を追っているから)

al.dmm.co.jp

 

 

というわけで、どういう作品があるのかを見ていこう。

f:id:oniji:20210402171104p:plain

続きを読む

西明日香が結婚、2日で声優が3例・4人結婚したんだが?

ちゃろ~、おにじです。

もう今日ネタ増えなくていいよってなっている。

そもそも声優の移籍を追うだけで大変なのに、エロゲセールとかなんやらするのである。

時間が足りない。

 

もう結婚ネタの入り方使い切っただろこれ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/oniji/20201230/20201230190242.png

  • 西明日香が結婚
  • 2日で3例4人の結婚、急なラッシュ…!
続きを読む

【4月正規版掲載!】2021年度声優公示(新規入所・入所・移籍・退所・昇格等)

ちゃろ~、おにじです(激寒)

今回は毎年恒例となりつつある声優公示。

4月はデビューや、昇格などの全ての新規入所、入所、移籍、退所、昇格等を出来るだけ追う努力をし、5月以降は移籍や入所、退所を追っていく予定。

昨年の記事は以下の通りとなっている。

oniji.hatenablog.com

 

更新状況

現在4月8日、17:30である。

現在、当記事では4月期の正規版の更新が完了した。

次の更新は5月を今の所予定している。

 

追記

4/2になっても、81プロデュースの新規加入と、青二プロダクション青二塾組の新規加入が更新されていない。

今年は新型コロナの影響もあり、日付がズレている可能性もあるが、もうしばらく状態を注視した上で速報版から、個別版に切り替えさせて欲しい。

 

81と青二には動きがない。コロナの為ズレている可能性もあるが、一応今週末は待ってみようと思っている。

 

一週間経っても81と青二に動きが無かったので、正規版の作業を開始する。

 

f:id:oniji:20210401182854p:plain

  • 4月
    • 新規入所
    • 入所
    • 移籍 
    • 昇格
    • 業務提携
    • 退所
    • 4月期まとめ
続きを読む

声優:湯浅かえで・俳優:青柳尊哉が結婚。連日の声優結婚報告に

ちゃろ~、おにじです(激寒)

 

え~、新年度です。

毎年恒例の新年声優公示に関しては、まだ全く手を付けられておりませんので、しばらくお待ちいただければと思います。

 

今回は結婚の話題。

昨日も倉田雅世大西健晴の結婚の話題を取り上げたが、連日の声優結婚となる。

oniji.hatenablog.com

 

このブログ、今日は声優公示と、出来ればFANZAセールまとめをしたいので、いつもより内容薄くなるぞ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/oniji/20201230/20201230190242.png

続きを読む

コードギアス・ラブひな・ガルパン等で演じている声優:倉田雅世が結婚

ちゃろ~、おにじです(激寒)

 

年度末いかがお過ごしだろうか、筆者はウマ娘のイベントに追われながら、ウイイレの固有フェイスを作り、ユキイロサインをやっている。

まだ1ルートも終わらせられていないので、感想記事いつになるんだろうか…

また、明日は年度始めの声優大加入、大移動の時期である。筆者は過去二年声優の動き全部追う(終えているとは言ってない)をやっているわけだが、今年はどうしようかな…

 

という訳で、今回は声優結婚の話題を。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/oniji/20201230/20201230190242.png

続きを読む

#UQカンパネラ #月姫 #ハラショウ #星織PE #竜姫ぐーたらいふ2 エロゲダイレクト2021年3月号

ちゃろ~、おにじです(激寒)

 

今回は、エロゲヘッドライン…エロゲダイレクトを。

なお、このとにかく作業対アクセス数のコスパが悪い記事だが、来月から2つに分ける(というより一要素追加する)のを検討中だ。

別記事として追加する可能性があるのは、今月(もしくは来月)発売されるエロゲをひたすらに並べる記事である。

割とそういうのってないので、需要があるんじゃないかなと。なければやめるだけだし(

f:id:oniji:20210327191325p:plain

  • 萌えゲーアワード、リニューアル
  • Key、アニメ『クドわふたー』ついに5月14日上映が決定
  • tonework's『星織ユメミライ Perfect Edition』ティザーサイト公開
  • HARUKAZE『ノラとと』全キャラクター人気投票結果発表
  • CUBE『海と雪のシアンブルー』OP・体験版公開
  • 戯画、VTuber魂を二人募集
  • ブシロードフロントウイングラボを買う
  • FAVORITE『ハッピーライヴ ショウアップ!』の発売延期・OP・キャスト等を発表
  • Whirlpool『竜姫ぐーたらいふ2』を発表
  • HOOKSOFT『ゆびさきコネクション』のOP・体験版を公開
  • きゃべつそふと『あまいろショコラータ2』体験版を配信
  • ういんどみるOasis『悠久のカンパネラ』を発表
  • 戯画『フユキス』を発表
  • Heliodor『流星ワールドアクター Badge&Dagger』を発表
  • ざらしそふと『幼馴染のいる暮らし』のCVを発表
  • TYPE-MOON月姫 -A piece of blue glass moon-』発売日決定等
  • みなとカーニバル『クロガネ回姫譚-絢爛華麗-』を発表
  • みるくふぁくとりー『もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界超エロサキュバス学園!』声優発表
続きを読む